あおしたすいげんち

青下水源地
&水道記念館

おいしい水の源。仙台の水道の歴史を知る

仙台中心部から、国道48号線を経由して山形方面へ。観光客で賑わう西方寺(定義如来)へ向かう途中にある青下水源地は仙台の水道にとって大切な場所。豊かに茂る森で水資源を蓄え、守りながら育んでいます。

玉石の上で水が弾けるように流れる「青下第1ダム」は昭和9(1934)年に完成した、水道専用のダム。石を貼って築堤されたダムは全国的にも珍しく、土木学会の「日本の近代土木遺産~現存する重要な土木構造物2000選 」に選定されています。ダムの真上には人が歩ける橋がかかっているので、白い水しぶきをあげて流れ落ちる様子が間近に。迫力満点、涼感たっぷりの景色を見ることができます。上流には第1ダムと同様の形状の第2、第3ダムも。第2ダムまでは緑が美しい散策路が整備されているので、森林浴を楽しみながらお散歩するのもおすすめです。

水と緑に癒されたあとはぜひ「水道記念館」へ。水道の歴史や仕組み、森と水のかかわりを分かりやすく楽しく紹介しています。ダムカードもこちらで入手可能です。見学者には、青下水源地生まれの水道水をボトリングしたボトルドウォーター「ごくり◇きらり せんだい」をもれなく1人1本プレゼント。ひんやり冷たく、おいしい水が喉を潤してくれます。

  • 国連防災世界会議でも配布され、好評を得た仙台の水道水

  • モダンな作りの水道記念館。2階には休憩できるスペースも

アクセス

交通

東北自動車道宮城ICから車で約25分

場所

〒989-3432
宮城県仙台市青葉区熊ケ根大原道地内

TEL.022-393-2188

営業時間

9:30~16:00

定休日:月曜(祝休日を除く)、祝休日の翌日(土・日曜、祝休日を除く)
※12月1日~3月31日は休館

料金

入館・見学無料