りゅうてい

龍亭

冷やし中華の祖・涼拌麺を味わう

暑い日が続くと、食欲がなくなってしまいがち。そんな時でもおいしく食べられるメニューといえば冷やし中華です。冷たい麺とタレに色とりどりの具、見た目も涼やかな冷やし中華の元祖は仙台が発祥であることはご存知でしたか?

仙台市内中心部にある中国料理店「龍亭」の看板メニュー「涼拌麺(りゃんばんめん)」は店の創業者である四倉義雄氏が昭和12年に開発。栄養のバランスを考えつつ、さっぱり食べられる冷たい麺料理作りに取り組み、誕生したのが「涼拌麺」なのです。今や夏の定番メニューとして各店趣向を凝らした冷やし中華が提供されていますが、「龍亭」の特徴は麺と具が別盛りなこと。キリッと冷えたガラスの器に盛られているのはクラゲ、ハム、キュウリ、チャーシュー、錦糸玉子、蒸し鶏の6種の具材。セオリー通りに麺と一緒に食べるもよし、具と麺を別で食べるもよし、お好みで楽しむことができます。 麺の上に鎮座する大きなエビも片栗粉をまぶしてから茹でてあるので、つるっ、ぷりっの幸せ心地な食感で美味。

タレは醤油とゴマの2種どちらかをセレクトできます。麺料理の要となるタレもまた、酸味や甘味、塩分濃度のバランスが絶妙な味わいで、最後まで飽きることなく美味しくいただけるよう吟味されています。夏場は来店者のほとんどが注文するという元祖の味で、夏バテを吹き飛ばしましょう!

  • 醤油タレは酸味控えめ、ゴマダレはコクたっぷりでどちらも人気

  • 昭和6年創業の老舗中国料理店

アクセス

交通

JR仙台駅から徒歩15分

場所

〒980-0012
宮城県仙台市青葉区錦町1-2-10

TEL.022-221-6377

営業時間

11:00~14:30、17:30~21:00(日曜・祝日は11:00~14:30、17:00~20:30)

定休日:不定休(主に火曜)