うらかすみ

浦霞

キリリ!夏の限定酒を蔵元で味わう

米どころ宮城に来たなら楽しみたいのが、良質な米から醸される日本酒。宮城自慢の地酒で一献楽しみませんか?全国にその名が知られる銘酒「浦霞」の醸造元である株式会社佐浦は享保9(1724)年創業。奥州一ノ宮・鹽竈神社の御神酒酒屋として酒を醸し続け、あくなき探求心と真摯な姿勢で酒造りと向き合い、宮城の地酒を牽引してきた老舗です。

本社蔵に寄り添うように併設された「浦霞 酒ギャラリー」では「浦霞」のさまざまなラインナップを販売しているほか、きき酒カウンターでのお酒の飲み比べを楽しむことができます。きき酒をするにはまず、オリジナルのお猪口(300円)を購入。10~5月は磁器のお猪口ですが、6~9月は涼しげなガラスのお猪口が登場します。マイお猪口を使って楽しめるのは月替わりの厳選された3種。15℃程度のほど良い“涼冷え”で供されるお酒は米の旨み香りを存分に味わえます。蔵元で味わうお酒の味は格別のひと言。

6月から販売された、軽快でさわやかな味わいの「純米夏酒 浦霞」や地元塩竈の離島・寒風沢島のササニシキを原料にした「純米吟醸 浦霞 寒風沢」など宮城県内限定や季節・数量限定の商品など地元でしか購入できない、味わえないお酒との出会いは旅の喜びに。店内では県内の工芸作家による酒器も販売しているので、お気に入りをみつけて、自分だけの一献を楽しんでください。

  • 午前11時と午後2時の1日2回、蔵の建物や歴史について外観から案内する「蔵ガイド」を実施(要事前予約・製造工程、蔵の見学は不可)

  • 「純米吟醸 浦霞 寒風沢」「純米夏酒 浦霞」「純米原酒につけた浦霞の梅酒」はそれぞれ季節限定品。なくなり次第終了なのでお早めに

アクセス

交通

浦霞

JR仙石線本塩釜駅より徒歩7分

場所

〒985-0052
宮城県塩竈市本町2-19

TEL.022-362-4165

営業時間

10:00~17:00

定休日:日曜(その他臨時休業あり)